FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際会計基準(IFRS)動向

最近のセミナーはクラウド国際会計基準というキーワードがはいっていると集客率が高いようです。

特に貴重講演で監査法人の公認会計士がスピーチするとそれだけで、集客効果は抜群で、中には貴重講演が終わると本題のソリューションにはいる前に続々と帰ってしまう方々も多いとよく耳にします。

クラウドと国際会計基準を組み合わせたセミナーはないようで、それはまだ国内でクラウドはあくまでパプリック先行で、会計のような基幹システムはとてもクラウドには預けられないという意識が根強く残っているのも一因かもしれません。

7月20日に国内初の国際会計基準とプライベートクラウドを組み合わせたセミナーアイネット、ガイア、トーマツ、ヴイエムネットの4社共催でセミナーを開催したところ100名を超えるお客様が来られ、これも国内初の仮想アプライアンスによるプライベートクラウドでのサービス実現というテーマでかつ実装済みのソリューションだったため、最後まで帰られるお客様はほとんどいなかった。

日本のサービスレベルは世界一であり、法人ユーザーの関心もより深まってきているので、基幹業務をプライベートクラウドで運用する具体的なケースは近々増えてくると思われる。

ヴイエムネットでもクラウドサービスアライアンスで推進していますので、詳細は下記URLをご参照ください。

国際会計基準とプライベートクラウド

ヴイエムネット 中西


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。